あんこともなかのBUHIBUHI通信

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
過去は振り返らない主義

おー久ーしーぶーりーデース。
あんもな家全員生きてマス!!

ブログ夏休みの間、あんなことやこんなことがあったのですが
まぁ、そこはスルーしちゃうことにします  


今日のあさんぽ風景〜。
あさんぽは、あんもな一緒だったり別行動だったり。。。
その日の体調と気分で決めるのですが、
あんこが超ロングコースに行ってみるというので
体力のナイもなかは、私と一緒にいつものコースを
のんびり歩くことにしました。

涼しくなって、保冷剤が要らなくなったので身軽〜。
BUHIには良い季節になってきました



* * * * * * * * * * * * * * *

過去は振り返らないと言っておいてアレですけど覚書。
8月、もなかにノミがついてしまいました。

いつものよぅにガレージでブラッシングをしていた時、
背中に黒いゴマのよぅなものが歩いているのを見つけました。
たぶん、ノミだよね
ショックを隠せないまま病院に行って報告。
先生にも「ノミだろぅね」と同意されてしまい
止むを得ずフロントラインプラスをしていただきました。
あんこも念の為・・ということで、こちらもフロントラインプラスを。
私の被害妄想も入っているのか、
投与後は2BUHI共、少し元気がないよぅに見えましたが
それ以外の副作用は見られず、とりあえず安心しました。
家中、洗えるものは全て洗濯してスッキリサッパリ。

ノミ発見前の数日間、虫除けスプレーをしていませんでした。
完全に私が油断した結果です。
あんもなに土下座、以後気をつけますデス。

posted by めぐみ | health | comments(11)
あ゛つ゛い

熱中症で亡くなったワンコの話が耳に入ってきました。
年々、熱中症が起こる時期が早まっているよぅな気がします。

あんもながお世話になっている病院の先生から
以前に伺った熱中症のお話を記しておきます。

熱中症(高熱)になると、組織の代謝が激しくなり
必要とする酸素量に供給量が追いつかなくなってしまい
組織が酸欠になり細胞が死んでしまう状態に陥るそうです。
脳までダメージを受けてしまうと命を落としてしまうケースもあるそぅです。
熱中症を起こしやすい環境というのは、
 ・熱のこもりやすい室内や車内などで留守番をしている時
 ・強烈な日差しを浴びながら遊んでいる時
 ・照り返しの強い舗装道路を散歩している時
他にもたくさんあると思いますが、特に気をつけたい部分です。
また同じような環境に居た場合、比較的短時間で
BUHIっ子のような短頭種は、喉頭が狭く軟口蓋が気管の入口(喉)に
近接しているため、息を吸う度に気管内に吸引されて気道を塞ぎ
呼吸がし難くなるそうです。
体質的にも特に予防に努めてくださいということでした。
もしも熱中症になった場合・・・
まず体温を下げてあげる事が何よりも重要ということです。
高体温が続くと、体にダメージが与えられ続けてしまいます。
「病院へ行く」と同時進行で、
これ以上のダメージが加えられない状態に近づける
正しい知識を持つことがその後の治療方法を左右するのだそうです。
応急処置としては、首元・脇下・お腹をタオル等で冷やしながら
風を当ててあげると良いそうです。
気化熱で熱を奪うのが最も安全で効率的でしょうとのことでした。
水を浴びせる場合は、冷水ではなく常温水を脇下やお腹にかけると良いようです。
皮膚が、急に冷たい温度を感じると毛細血管が収縮して逆に熱が体から
放散されなくなってしまうからです。
体が弱っている場合、体温調節の能力も下がっているので冷やし過ぎにも注意ですね。

そぅは言っても一番大切なのは予防することです。
気温が25℃以上で湿度が60%以上になってきたら注意が必要だと言われています。
室内ではエアコンによる室温調節が必須となってきますが
冷たい風は下に溜まるので冷え過ぎないよう、ワンコ目線での
温度や冷風の当たり方をチェックしなければいけませんネ。
外出時には、十分なお水の用意と熱中症予防グッズを。
この時期、濡らせて着せることで体温の上昇を抑える服が数多く出ていますし
BUHIっ子が使っているのをよく見かけるのはクールタイかな?
手作りされている方も多いですね〜。
去年、アミさんが冷え冷えマフラーのレシピを公開されたので
私も真似っこさせていただきましたが、今年も大活躍していま〜す。
熱中症予防に効果的な場所は首だけではありません、
腰に保冷剤を巻いている子もいますYO。
その時その場に適した対応をするって大切だなって思いました。
あと、コレも紹介したい!!
ハハルアさんが日よけアイテムを発表し異才を放っておりました。キャー!

熱中症は私たちが気をつけることで防ぐことが可能な病気です。
後悔しないで済むように、どの子も楽しく元気に夏を過ごせればイイなと思っています。

ノンキなあんもなはネンネ中〜。


posted by めぐみ | health | comments(17)
寝ると出るのだ

先日、もなかがお漏らしをしてしまいました。

ひとつのベッドに、あんもなが眠っていたのですが
しばらくすると、あんこがベッドを離れ別の場所に移動しました。
どぅしたのかな?と見てみるとベッドが濡れている・・・。
もなかはぐっすり眠っていましたが、オチリ付近が濡れているのです。

そっともなかを起こして、トイレに行くように言いました。
もなかはそれに従いトイレに向かい、
いつものよぅにオチッコをしました。
私はベッドをチェックしました。
パッと見、舐めたのかお漏らしなのか分からなくて・・・
拭いてみたけど、透明で分からなくて・・・
匂いを確認してみたけど、やっぱり分からなくて・・・
判断保留のままベッドを洗いました。

そしてまた。
今回は私の膝で眠っていたのですが
なんとなく違和感を感じて、もなかのオチリをずらして見ると
濡れていました。
一瞬、私が!?とビビりましたが、さすがに無いです
もなか、お漏らししちゃったんだ。

お漏らしの原因にもいろいろあって
椎間板ヘルニア、腎臓病、糖尿病、膀胱炎などの病気や
ホルモン異常、水分量の多い食事、ストレスなどなど。
もなかの場合は、背骨と股間節に問題があり、
粘膜系も弱いと診断されているし、
毎日の手作り食も水分多めです。
避妊手術をしているのでホルモン異常も考えられます。
あんこより体温調節が上手にできていない様子も見られるので
神経系もどぅなのかなぁ〜と不安になることもあります。
最悪の事態が頭の中をぐるぐると・・・。
悩んでいても仕方がないので病院に行ってきました。

ひと通り調べていただきましたが、特別な問題も見つからず・・・。
お漏らしを止めるお薬もありますがホルモン剤になるので先生は使いたくないと。
私もそれには同意見です。
汚れたら洗えばイイだけだし、もなかの体に負担をかけたくありません。
もなか自身は元気だし、しばらく様子を見てみまっす。
あと、先生に相談したらOKを貰えたので
末端神経の活性化を狙ってビタミンB群を今まで以上に摂取するよぅに
心掛けてみよぅかな〜と思っています。
もなかのお漏らし、私が止めてやるゼ☆
意気込みは十分なんだけど、それ以外が十分ぢゃないんだナ〜  


posted by めぐみ | health | comments(12)
本日、腫れ

日曜日の予定は決まっていました。

家族で海に遊びに行って、
帰りに予約しているサロンであんもなのシャンプーをしてもらおうと。

それなのに、
目を覚ました、もなかの顔を見たら、
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜

右の瞼が腫れてますっ!!
右の瞼が腫れてますっ!!(2回言った)

去年の夏、もなかが急性アレルギーになったことが
スグに思い浮かびました。
目の上がぷくっと腫れているなと思ったら
あっという間に全身ぼっこぼこになっちゃったんだよなぁ・・・。

全身隈なくチェック。
何度も何度もチェック。
体には湿疹ひとつ見つかりません。
でも!!
右の瞼が腫れていますっ!!(3回言った)
ほっぺの皮膚が若干固くなってるところもあるし!!

海キャンセルっっ。
予定変更っっ。
もなかは病院。
あんこはロングお散歩→サロンでシャンプー。
別行動となりました。

私は、もなかを連れて病院に向かいました。
診察していただいた結果、部分的な炎症、内臓に異常が見られないことから
接触性のアレルギーでしょうとの判断でした。
今回も原因がハッキリ分からないのでモヤモヤしますが、
症状が軽くて安心しました。
軽めの炎症を抑える薬を3日分いただき病院を出ました。


一方、あんこは・・・。
ロングお散歩を楽しんだ後、サロンへGO〜。

いつも隣に居るはずのもなかが居ないので不安だったのか
すごーく大人しくしていたよぅです。
サロンのおねーさんに
「あんちゃん!調子悪いのっっ!?」って心配されたくらい・・・  

帰る頃には、看板ワンコさんとご挨拶したり
オモチャに反応する余裕が出ていたよぅですが
それでも、いつものテンションではなかったそぅです。
あんこともなかはいつでも一緒だもんね〜。


ピカピカ♪あんこが帰ってきた頃には
もなかもいつものお顔に戻っていました〜。


フゥー。。。ひと安心。。。
安心したので、眠くなり
家族みんなで夕方まで爆睡しました。


今朝もぅ一度よーくチェックしましたが、もなか異常なし。
良かった良かった。
でも、寝過ぎでだるぅ〜。

posted by めぐみ | health | comments(12)
マユゲ@再検査に挑む

先月、フィラリアの検査と一緒に行った血液検査
もなかのGOTとGPT(肝臓に含まれる酵素)の数値が少し高く
肝疾患について調べたり、これまでの食事や運動量を見直してきました。

そろそろ1ヶ月経つし、
フィラリアのお薬を飲み始めると
血液検査をしても前回と同条件にならないので比較できないと思い
急遽、再検査に行ってきました。
結果は、GOT31、GPT46と
どちらも参考基準値内で、他の数値も基準値内なので
問題なし!ということになりました。
ヤッホィ♪

今回、食事の面で一番心掛けたことは、
“強肝作用のある食材を与える”よりも、
“肝臓に負担のかかるものを減らす”ということ。
参考にしたのは、肝臓サポートの療法食フードです。
気になるフードをいくつか確認していくと
普通食とされるフードの規格より栄養を控えたものでした。
一般的に肝臓の場合、
脂肪やタンパク質を摂り過ぎないようにしましょうと言われていますが
そのまんま、その言葉に基づき作られているよぅな気がします。
ただし、お肉などのタンパク質を控えた分、エネルギーは不足してしまうので
お米など、他の優秀なタンパク質で補うことが必要となります。
その他、身体の必要量に対して消化吸収量が早過ぎても
肝臓に負担がかかることを知りました。
消化吸収が早いことが必ずしも良いことだけではないよぅです。
消化吸収をゆるやかにすることも重要なんだと分かりました。

とにかく、数値が戻ってホッとしました。
これで安心してGWを楽しめそぅです♪
あっ!!でも、ここで気を抜いちゃダメよねっ!
引き続き、あんもなの健康管理に努めたいと思いマス☆
心配してくださった皆さま、ありがとぅございました。

GW中も我が家はドタバタ・・・必死過ぎやろ・・・。


皆さま、楽しいGWをお過ごしください♪

posted by めぐみ | health | comments(11)
どうもズビバセン

もなかの血液検査の結果で
皆さんにご心配をおかけしておりますっ。
が、当のマユゲは絶好調!
私も前向きに考えています☆
生温か〜く見守っていただけると嬉しいでっす。

今回の血液検査で
GOT・GPT(AST・ALTと言った方が今どきなのかな?笑)の
数値が共に上昇しているので
肝細胞にダメージを与えてしまっているのだろぅということは
私にも分かります。

肝臓の働きは様々でダメージの原因もこれまた様々ですが
あんもなの食生活を振り返ると、私の戦略ミスが大きかったのかもしれません。
この10ヶ月程、私は、関節ケアを含むあんもなの筋力UPと
もなかの体重ちょこっと増量に重点をおいて食事を作ってきました。
それに加え、冬の間、代謝が落ちていたことも重なり
もなかの処理能力を上回ってしまったのではないかと考えています。
あと、手作り食の盲点はおやつだと思うのですが
我が家はあまり市販のおやつは食べさせていませんが
ゼロではありません。
その際、無添加だと脂肪の割合によっては酸化が気になるところです。
まぁ、サプリでカバーすることは最終段階にして
肝臓に良いとされる食材を強化しつつ、
同時進行でリスクが少ないと思えるであろうカタチを探っていきたいと思います。

あぁ、こんな私のごはんを食べてくれるあんもなに
「ご迷惑をおかけしちょります」と、ペコリと頭を下げておきましたとサ。


posted by めぐみ | health | comments(12)
気持ちはいつでも前のめり

お久しぶりデス。
あんもなは相変わらず元気いっぱい健康デス!!

・・・と言いたいところですが
先週の土曜日、
狂犬病の予防接種とフィラリア予防の為に病院に行き
フィラリアの血液検査のついでに
毎年お願いしている一般血液検査と血液生化学検査をしたところ
あんこに問題は見つかりませんでしたが
もなかのGOTとGPT(肝臓に含まれる酵素)の数値が少し高いことが分かりました。
血液検査の正常値は施設によって値が違うのですが
あんもながお世話になっている病院での
GOTの参考基準値が13〜40に対して、もなかは43、
GPTの参考基準値が17〜50に対して、もなかは67ということでした。
先生の説明によると、
「肝臓の数値はよく変動するので、一時的なものかもしれないし
大幅に数値が高いわけではないので即治療の必要も無いし
今までの生活を続けていても問題はないでしょう〜」ということでしたが
私としては、例え小さなことだとしても心配だし
これ以上、ひどくならない為にも今スグ改善していかなければと思っています。

『沈黙の臓器』といわれる肝臓は
病気になってもハッキリとした症状が出ず
病状が進んでしまってから気付くことが多いと言われています。
肝臓の主な仕事は、代謝・解毒・排出。
これからの時期は、“食べる”ことに加えて、
フィラリアのお薬を飲んだり、ワクチン接種の時期とも重なるので
更に、更に、肝臓は頑張ることになります。
肝臓サポートについて、もぅ一度勉強してみようと思います。

あんもなのコトは私が守ってあげるからね!!と
先生の説明を聞きながら、ひとり闘志メラメラな私なのでした☆(笑)


とはいえ、あんこはモチロン
もなかも元気いっぱいに過ごしています。
このフツーの生活がずっとずっと続くように、気持ちはいつでも前のめりです(笑)



posted by めぐみ | health | comments(8)
デンタルケア
一般に、ワンコには虫歯菌が少ないと聞きますが
最近の歯科治療の現場からは
10%のワンコが虫歯だと報告されているそうです。
歯周病だけでなく虫歯に悩むワンコが増えるのも
時間の問題かもしれませんね〜。
このままだと寿命を終える前にワンコの歯はボロボロになってしまうかも。
こりゃ困った。

硬いおもちゃやヒヅメなどを使って
デンタルケアする方法もありますが
歯が欠けたり、歯茎を傷つけたり、誤飲してしまったり
事故が多いのが気になります。
実際、上手にカミカミできる子には良さそうですが
我が家のようなデンジャラスガールでは怖くてなかなか与えられません。

スケーラーなどの器具で、歯石を取ってあげる方法は
私には至難の業に思えます。
歯の表面に微細な傷を作って、次の歯石の付着を誘発してしまうと思うと
これまた怖くてできません。

ならば、歯石になる前に歯垢・食べかすを
歯磨きで除いていくしかないのかなぁ〜〜。

あんもなはパピコの頃から1日1回だけ
夜、ガーゼにデンタルももちゃんをちょこっと付けて歯磨きをしていますが
ここ最近は週1ペースで歯ブラシも使うよぅになりました。

理由は特にありません。
気になっていた歯ブラシが安売りしているのを見つけて買ったから(笑)


あんこは、デンタルももちゃんが好きなよぅで
ガーゼで磨く時は嫌がりません。

もなかは、デンタルももちゃんが苦手なよぅですが
逆らうこともできず諦めているよぅです(笑)

が、歯ブラシを使うのは慣れていないせいもあるのか
どちらも気が進まないみたいです。
徐々に、嫌そぅ〜な顔になってしまいます。
(・・っていうか、なんだか苦しそうダ)







今のところ、あんもなの歯はキレイです。
この調子で頑張ろうゼィ☆
posted by めぐみ | health | comments(15)
フードボールだって大事
あんもなは生後6ヶ月くらいまで、ドライフードオンリーでしたが
その頃、ドライフードと同じくらい悩んだのが
ごはんの器でした。

アレルギー等の観点から見れば陶製が良いと言われますが
陶器の溶出物の問題も気になり、
ショップに並ぶフードボールを眺めては
コレってどぅなんだろぅなぁ〜と思っていました。

そんな時、B*B DOGさんのフードボールを知りました。
天然灰土石の釉薬で1250度焼成された器。
釉薬の調合から焼成に至るまで安全保障されていて
ルックスも好みです。
もぅコレしかない!と私には思えました。
それ以来、B*B DOGさんのフードボール一筋です。

だけど、ここ数年で森修焼のフードボールを扱うショップが増えたり
Bulldossさんでは我が地元、砥部焼のフードボールが販売されていたりと
ワンニャンの食器も安全なものが増えてるなぁ〜と実感しています。
毎日、口をつけるものだから人もワンコたちも
安心して使えるものが一番ですね。


3時のおやつはミルクです。
あんこは味わうように、ゆっくりぺろ〜ん。


もなかは豪快にぺろぺろ。
呼吸、忘れてないかな〜とちょっと心配したり(笑)


もなかは自分のを飲み終えるとあんこの様子を超間近でチェックします。


近過ぎてコワイ・・・。


あんこが立ち去ると、空っぽのボールを更にしつこく舐めます・・・。


我が家の変わらぬ日常です。
posted by めぐみ | health | comments(11)
健康良好
クリスマスだ♪、年末だ!と気忙しい中、
あんもなは、いつもと変わらずです。



私は大掃除を忘れて、あんもなの健康面を振り返ってみました。

 ・2月 もなか 右目に霰粒腫。
     病院で先生に見つけてもらい
     即、点眼麻酔をしてプチッと潰されました。
     その後は、毎日チェックしていますが
     現在のところ異常なしです。

 ・7月 もなか アレルギーで全身ボッコボコ。
     急性アレルギーで顔・体が腫れあがり
     卒倒しそぅになりました。(私が)
     原因としてキュウリが怪しまれましたが
     数ヵ月後、恐る恐るキュウリを食べさせてみたところ
     アレルギー症状は見られず。
     何が原因だったのか特定できていません。

以上が、今年の病院履歴です。
あんこは、ワクチン等の定期的なものでしか
病院のお世話になっておらず、とっても優秀☆
もなかは、アレルギーで驚かされましたが
去年に比べると随分元気になったなぁ〜という印象です。
あんもな共に、湿疹・下痢・膀胱炎で悩まされていたのが
嘘のように、この一年は健康に過ごせました。

私の目標である、免疫力UPと筋力UPは
来年も引き続き頑張っていこぅと思います。
健康は宝だと感じる、今日この頃。
私も大人になったもんです。
(自画自賛で終了)
posted by めぐみ | health | comments(13)
Infomation
Entries
Categories
Archives
Comments
Bookmarks
Recommend
*PROFILE*
めぐみ【megumi】


 ただいまブログお休み中

- - - - - - - - - - - - - - -

あんこ【anco】
 フレンチブルドッグ ブリンドル(♀)
 2006.4.18生まれ
 好奇心旺盛なのにビビリ

もなか【monaka】
 フレンチブルドッグ パイド(♀)
 2006.9.24生まれ
 要領は良いのに鈍くさい

まめたろう【mametaro】
 ポメラニアン(♂)
 1992.4.20生まれ
 2006.3.21お星さまになりました

*MAIL*
Others